読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現象学的ー津軽的

青森(とくに弘前)のこと、現象学(術)のことなど、書いていきます

津軽、周縁の戦略として

3月上旬に弘前に引っ越して以来 最初は、雪に悩まされ 鬱寸前の暗闇 近所のツルハドラッグまで出かけるのが、やっと、となりましたが 雪が消えてからというもの 毎朝の岩木山の「困惑するほどの美しさ」が続き さらに、家からほんの10分も自転車で走れば …

自己表現の現象学

割と自分としては 一番大事にしていることなので 周囲を見ずに、暴走します(笑 別に、全員とは言いませんが 人は、自分が感じ、自分が表現するものを ある一般性や客観性によって存立させたい願望と 他方で、自分が感じ、自分が表現するものを 自分に固有の…

日本人のテツガク(=人生訓)だとすれば

友人がラインとかで たまに教えてくれるのですが 今日は志茂田景樹のブログが、いいこと言ってると教えてくれました。 lineblog.me なるほど、確かに そうかもしれない。 けど、言ってることは 割と当たり前だ、、、 しかし、どこか「本質」に突き当たってる…

両親のルーツ

私は、青森県で生まれはしたものの 少年期のほとんどを仙台で過ごしており さらにその後は、大学進学 就職してからは、東京ー大阪を拠点にしました。 津軽出身の両親が、仙台でつくりあげたのは ごく一般的、平和な、サラリーマン家庭… だと私は思っていた。…

津軽のヤンキーたち

弘前にて。 郊外量販店が並ぶバイパス沿いに行ったのですが なかなか、ド迫力です。 ここまであからさまに「郊外ロードサイド」な風景って 全国的にも、ちょっと珍しい気がしましたが… そこで、ちと、ヤンチャっぽい風貌の 少年、少女たちを発見しました。 …

哲学の最初(哲学に掴まれる人、掴まれない人

なんだか、寒いですねー 家の中を、温かくしてるせいか。 夜は寝るのが早くなり、朝は起きてからの始動が遅くなってる気が… 快適すぎるのかな? いや、そうじゃなくて もともと引きこもり気質なんじゃないかしら。 ってことで、そこに通じるかもしれない「哲…

地方と若者(青森県での就職活動より

どこで見たか覚えてないのですが 弘前市内のどっかで、44歳以下の若者、を対象にする相談機関があるようでした。 確か、私の記憶だと、若者の定義は まず34歳から、39歳に引き上げられ そして、時と場合によっては、44歳になったのが最近の流れのよ…

青森と雪

予定より、1日遅れの行程ながら どうにか青森県弘前市のアパートに入居しました。 着いた日(5日)は晴れていて 遠くの岩木山も見えました。 いわば雪国の穏やかな顔を堪能したのですが… それからは、一転、雪が降りました。 弘前について、語りたいことは…